埼玉県で保育求人を探すコツ

保育1

埼玉県のどこかで保育系の仕事に就いて働きたいと考えている人は何を基準にして求人を選んだら良いかが大きな問題になりがちです。

埼玉は広くて交通網もしっかりとしていることから、近くで探すべきか少しくらい遠くても通勤できる範囲なら良いと考えるべきかで悩む場合もあるでしょう。埼玉県で保育求人を探すコツを紹介するので参考にして下さい。

主要な市街地を選べば求人は豊富

埼玉県では主要な市街地を選べば保育求人は豊富にあり、自分の考え方や感性に合っている職場を見つけることができるでしょう。詳細⇒明日香 > 保育求人

東京都のベッドタウンとして開発が進められている地域も多く、共働きをしている過程も増えていることから新設の保育園もたくさんあるのが埼玉県の市街地の特徴です。昔から繁栄しているさいたま市や川口市、川越市などでも新しいマンションが次々に建設されているので若い世代が増加している傾向があり、保育園のニーズは高まる一方になっているのが実態です。

応募したいと思えるような求人数が多ければ、それだけ希望に合っている職場を見つけやすいので理想的な状況が整っていると考えられるでしょう。新興地域を選べば保育施設も比較的新しくて設備なども整っているのが一般的で、待遇なども働きやすさを重視している傾向があります。

フランチャイズによって個人が開業しているケースもあり、様々な職場環境の保育施設を見つけられるのが埼玉県の特徴です。ただ、郊外に向かうにつれて保育施設の数も少なくなり、求人数も少なめになりがちです。郊外に住んでいる人は主要な市街地で仕事を探すか、地元で仕事を探してみるかをよく考えることが重要になります。

アクセスしやすい職場を選ぶのが肝心

埼玉県の交通網の充実度を考慮すると遠くまで仕事に行っても良いと考えるのももっともなことでしょう。都内に通勤している人も多いことを考慮すると埼玉県内だったらどこでも待遇が良いところなら働きに行きたいと思うかもしれません。

しかし、通勤時間の負担は意外に大きいということは念頭に置いておくことが必要です。片道10分と40分では往復で1時間もの差が生じることになり、大きな時間のロスになってしまうのは明らかでしょう。

時間の合間を縫って働きたいと思っている人ほど近いところを選ぶことが大切です。

少しくらい給与が低かったとしても近くの保育施設を優先した方が良いのではないかと一度は考えてみるようにしましょう。遠くてもアクセスしやすい職場なら良いという考え方もあります。車で15分の通勤よりはバスで30分の方が楽だと感じる人もいるでしょう。

バスや電車などの公共交通機関を使うのは嫌いで、乗り継ぎがあるようなところには通いたくないという人もいるかもしれません。健康のために自転車か徒歩で通勤できる範囲でなら30分以上かかっても問題ないと考える人もいます。

アクセスの仕方も含めて職場の位置がどのような場所であれば良いかをよく考えて決めるのが肝心です。

資格の有無に関係なく選べる

保育求人に応募するためには保育士の資格が必要だと考える人もいるでしょう。確かに保育士の募集が多いのは事実ですが、埼玉では資格がない人でも応募できる求人がたくさんあります。保育補助として保育士の指示に従って働くという形式になっている職種があり、多くの保育施設で採用しています。

保育補助の給与は保育士に比べると低めになっているものの、携わることができる仕事の内容に大きな違いがあるわけではありません。保育施設で働きたいというモチベーションを持っているけれど資格がない人にとって魅力的な選択肢です。

市街地、郊外のどちらでも保育補助の募集はあるので探してみましょう。

未経験の人が応募するときのコツ

保育施設で働いたことがない人が求人を探すというケースもあるでしょう。保育施設では人材の不足が問題になっているケースが多く、特に複数の保育施設を運営している法人からの求人の場合には未経験の人も歓迎している傾向があります。

多くの人を確保して育て上げるという方針が立てられているからで、研修を受けられるようになっているのが一般的です。保育関係の仕事をしたことがあるけれどブランクがあって不安という人もこのような施設からの求人を選べば研修を通してブランクを埋めて働けるでしょう。

未経験の場合には給与が低くなるのが一般的ですが、試用期間を経て他の人と同じ水準の給与にしてくれる施設もあります。未経験の人にとって重要なのはいかにして採用してもらうかです。未経験の人を雇うのは施設にとってもリスクになるので慎重に人材価値を吟味しています。

保育施設では特に重要なのが子供や保護者とのコミュニケーションを適切な形でできるかであり、相手にストレスを与えない接客力があることや、子供の意図を汲むことができる観察眼や洞察力があることが求められるのが一般的です。

自己PRをするときには子供とのコミュニケーション、保護者同士の会話などの経験談を交えられると説得力があります。未経験者の募集では競争相手はあまりいない場合が多く、適材かどうかで採用の可否を判断するのが普通なので、しっかりと自分の魅力を伝えましょう。

施設見学をしてから判断しよう

埼玉県では保育施設に対する住民の要求も高くなってきているため、どのニーズに応えられる施設にするかをそれぞれが工夫している状況があります。教育を徹底することを重視するか、サービス時間を長くするか、コミュニケーションの機会を増やすかなどといった形で個々にかなり異なる方針が定められているのが現状です。

その方針に共感しているスタッフが集まっているので、考え方があっていれば過ごしやすい環境が手に入りますが、あまり考え方が合っていないとストレスを抱えてしまいがちです。失敗しないためには求人に応募するときに施設見学を希望するのが大切です。

保育施設側としても運営方針に合っている考え方の人を採用したいと考えていることが多く、希望すれば施設を見学するだけでなく同僚と話をする機会すら与えてくれる場合があります。いくつかの施設を見学してみると違いもはっきりしてくるので、どの施設が自分に合っているかがわかるでしょう。

施設見学をしてから入職を断ったとしても特にペナルティがあるわけではないため、納得して働ける職場を見つけるために積極的に見学をしてみるのが大切です。